【妊娠中に日常生活に影響する痛み】

こんにちは!
札幌市西区の整体「ケアスル」院長の渡辺です。(^^)


妊娠9ヶ月で臀部(お尻)に痛みがあり、『余りの痛みで、日常生活をするのが辛い』という患者さんにアンケートを書いて頂きました。

20代Sさんアンケート

妊娠9ヶ月になると、お腹も大きくなりその分体重も増えます。

Sさん

大きくなったお腹が写真からも分かりますね。


ただでさえ、ちょっとした動作でも辛くなるのに、痛みがあると尚更うごくのが嫌になりますよね。


早く楽になって良かったです^^


今回の患者さんは、アンケートにも書いていましたが、動いた方が良いと言う事もあり、股関節のストレッチを激しく?した事によってお尻の筋肉を痛めてしまったみたいです。


ほどほどが大切ですね^^;


あぐら姿勢、車の乗り降りの時に左足を開く動作、椅子から立ち上がる時、寝返りする時に痛みが強いと言う事でした。


触診や検査をすると、やっぱり股関節を動かす筋肉で特に股関節を外旋する時に使う筋肉に痛みが出ていました。


今回のように妊娠後期の方(お腹が大きくなってきている方)の場合、妊娠していない方に比べて更に腰から下半身にかけて負担が掛かっています。

通常の施術内容だけでなく、お腹の張りをとる施術を行う事で、お腹の重さを軽減する事ができて下半身の負担を減らします


今回早く状態が良くなったのは、患者さん自身の体力があったのと、痛みが出て期間をあけずに来院したのが良かったですね。
(痛み出て2、3日後に来院)

残りのマタニティライフを楽しく過ごしてほしいですね^^




ちなみに、よくある改善するのに少し時間が掛かるパターンとしては、痛みが出あったけど我慢していたら一回おさまった。

しかし、しばらくすると再び痛みが出たので来院。という方です。


一回おさまったのは、何故か?

「身体がその状態に慣れた」あるいは、「痛みが出ないような動作をした」と言うのが多いです。

痛みが出ないような動作をした場合、通常とは違う動きを関節や筋肉が行い変なクセが付いてしまいます。

我慢してからの来院だと、そこの調整も必要になるので、かばって変な癖が付く前にケアする方が早く改善します。


当院は、妊婦さんの施術経験も豊富です。
不安や心配があったら、まずは気軽に電話やメールで相談してくださいね^^


『妊娠中の痛み』はマタニティ整体で対応しています。