自律神経失調症の整体

自律神経失調症

自律神経は、体全体に影響を与えています。

そのため自律神経が乱れると、筋肉、血管、内臓、呼吸器、皮膚などや、心に原因不明のさまざまな症状が出ます。

そのさまざまな症状を総称して「自律神経失調症」と呼んでいます。

自律神経失調症とは病名ではありません。

本人はツラいのに、検査をしても異常が見つからず、周りの人からツラさを理解してもらえないため、更に苦しんでる方も多いです。

このような状態でお困りではないですか?

  • 自律神経失調症ですと言われた
  • 充分な睡眠をとっても、疲れがとれない
  • 気持ちや身体が重く、 やる気が出ない
  • 頭痛、めまい、耳鳴り、動悸がする
  • 病院で検査しても異常がなく、原因不明で不安
  • 原因不明で異常が無いのに薬に頼りたくない
  • なかなか周りの人にツラさを分かってもらえない

自律神経失調症のさまざまな症状

全身症状
めまい、体がほてる、倦怠感、微熱が続く、眠れない、すぐ目が覚める、常に眠い、朝起きれない、疲れやすい、フワフワ・フラフラする、食欲が出ない など

精神症状
ふさぎ込む、気がめいる、イライラする、不安感、やる気が出ない、悲しい、集中力がない、記憶力低下、些細なことが気になる、怒りっぽい など

頭・目・耳・口・のど
頭痛、頭の圧迫感、涙目、目が渇く、目が疲れる、目の異物感、耳鳴り、耳のつまり感、口が渇く、味覚がおかしい、のどの異物感・圧迫感、のどがイガイガする など

首・肩・背中・腰
肩のコリや張り、首が痛い・重い、背中・腰痛、力が入らない、関節痛 など

手・腕・足
手・腕がしびれる、手・腕に力が入らない、手指の冷え、手指の感覚が鈍い、足のしびれ・だるさ、足の冷え・ほてり、足の痛み など

呼吸器・心臓・胸部・血管
息苦しい、息が詰まる、息が吸いにくい、動悸がする、胸部の圧迫感、胸が痛い、血圧の変動、めまい・立ちくらみ、冷え など

腹部・消化器
お腹の膨満感、下腹部の張り、吐き気・嘔吐、食欲不振、食道がつかえる、便秘・下痢、胃の嫌な感じ、ガスがたまる など

泌尿器・生殖器
残尿感、尿が出にくい、頻尿、勃起障害、不感症、生理痛・生理不順、かゆみ など

皮膚
多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、かゆい、感覚がおかしい など

自律神経とは

自分の意思では調整できない呼吸や血液の循環、体温の調節、消化、吸収などの臓器や器官をコントロールしているのが自律神経です。

自律神経には、体の活動をうながす交感神経と体をリラックスさせる副交感神経があります。

交感神経と副交感神経は、体内や体外からの刺激に反応して切り替わり、バランスをとりながら働いています。

同時に働く事はありません。

交感神経とは

活動する時間、仕事やスポーツ時に優位に働きます。

  • 肺気管支の拡張
  • 心拍数の増加
  • 血圧の上昇
  • 胃腸、消化、排泄の働きを抑える
  • 筋肉の収縮

などの働きをします。

副交感神経とは

リラックスしてる時間、休息時や睡眠時などに優位に働きます。

  • 肺気管支の収縮
  • 心拍数の減少
  • 血圧の下降
  • 胃腸、消化、排泄の働きをうながす
  • 筋肉の弛緩

などの働きをします。

自律神経の乱れとは

通常は、活動している時は交感神経が働き、リラックスしている時は副交感神経が働くというようにONとOFFにより、状況により切り替わります。

自律神経が乱れた状態というのは、例えば、副交感神経が優位に働かなくてはいけないリラックスしている時や睡眠時に交感神経が働いてしまっている状態です。

この状態だと、緊張状態になり「寝付けない」「眠りが浅い」「疲れがとれない」などの状態になってしまいます。

これが続くと、ストレスになりますし、心にも影響してきます。

自律神経が乱れる3つの原因

①精神的ストレス

人間関係(職場・友人・恋人・親子・隣人など)

家庭関係(結婚・離婚・引越し・出産・死別・病気など)

会社・学校(転勤・失業・単身赴任・成績不振・いじめ・受験など)

悪い事、嫌な事だけでなく、結婚や出産など嬉しい事など喜怒哀楽すべてが精神的ストレスに当たります。

②身体的ストレス

過労、過食、不規則な生活、極度な疲労、運動不足など

上記により、筋肉、骨格、関節、内臓、血流の動きや働きが低下し自律神経に影響を与えます。

③環境的ストレス

気温や気圧の変化、空気中アレルゲン、花粉、食品添加物、化学物質、電磁波、ウイルス・菌など

当院の施術を受けられて、改善したお客様の声をご覧ください

胃腸のツラさがなく過ごせるようになりました

お客様写真

胃のムカムカ、気持ち悪さがスッキリしました。

腸が弱く、いつもどこか痛かったり、ツッパリを感じていましたが、今は全くなく過ごせてます。

喰いしばりが強く、あごが痛かったり肩こりがひどかったりで気持ち的にも落ち込みやすいので、これからもメンテナンスに来たいと思います。

自分の体の状態が知れて、発見が多くおもしろいです。

札幌市北区 30代女性 K.S様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ほてり、動悸、下痢、頭痛が楽に

お客様写真

自律神経のコントロールが上手に働かなくなり、体調不良が続き、ほてり、動悸、下痢、頭痛もひどく交通機関を使うと具合が悪くなり途中で下りることもあり、このままではツラいのでネットで自律神経整体と調べたら、先生に出会い、1回目の整体であの不調が嘘のように無くなりました。

病院に5ヶ所も良き、全部異常は見つからず具合が悪くても薬を出される訳でもなく、もっと早く見つけてればと思いました。

不調の原因は、首からくるこり、張り、内臓の位置のズレなどを正しい位置に戻してもらうことにより、体調はかなり変わりました。

体調の悪い日が続いていた時は気分もめげましたが、良くなる度に前向きになれてます。

まだ、しばらく通いたいと思います。

札幌市中央区 40代女性 Y.M様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

原因不明の動悸、息苦しさで来院

お客様写真

動悸、息苦しさがあり、病院を色々行ったのですが、原因不明のため、色々インターネット等で調べていたところ、こちらのホームページを見て来院してみました。

今、何回か施術をして頂いて、動悸、息苦しさは落ちついてきました。

現在、首の痛みもあるので、今後も継続して通いたいと思います。

札幌市中央区 30代女性 S.Y様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ケアスルの自律神経整体は

【ソフトだけど変化の感じられる施術】

ボキボキとか強く押したりとか苦しい施術は行いません。

【頭蓋骨調整】

自律神経やホルモンバランスをコントロールいるのは脳です。

脳は頭蓋骨の中にあります。

頭蓋骨は1つの骨でできていて動かないと思われていますが、23個の骨でできていいて、わずかですが動いています。

自律神経のバランスが乱れている方は、頭蓋骨の動きが悪くなっている事が多いです。

また、脳から脊髄神経の周りを循環している脳脊髄液の循環が悪く脳圧が上がり重くなっています。

頭蓋骨調整をおこなう事で、脳脊髄液の循環が良くなり脳の機能が改善、自律神経のバランスを整えます。

【内臓調整】

感情と内臓は関係しています。

ストレスがあると胃腸に影響が出るように深く結びついています。

感情が乱れると、自律神経やホルモンのバランスが崩れます。

その影響は内臓機能の低下につながります。

内臓に負担が掛かると、その臓器に関連する筋肉や周囲の筋肉が、緊張したり筋出力が低下し、骨格のゆがみの原因になります。

内臓を調整する事で、循環・吸収・排泄と本来の内臓の機能を取り戻し、また根本的な体のゆがみの原因を取り除きます。

【骨格調整】

自律神経に影響を与えている、背骨と骨盤の調整。

自律神経失調症の方は呼吸が浅くなっています。
吐く時に体がリラックスできるように、肋骨や横隔膜を調整する事で、楽に深い呼吸をする事が出来るようになり、回復力が上がります。

【ゼノバイオセラピー】

ストレス、食品、化学物質、ウイルス、電磁波、重金属などが蓄積された組織は、神経系の誤作動を引き起こします。

そのため組織は緊張し、痛み、コリ、アレルギー、など様々な症状を引き起こすようになります。

まず、「ARテスト」という神経筋反射テストを原因を特定します。

原因が特定できたら、その原因を中和させる波動で施術し体の誤作動を消していきます。

施術料金

初回のみ

初見料・・・2,000円

インターネット特別割引実施中!「ホームページ見ました!」とご予約いただくと初見料2,000円が無料になります!

(カウンセリング・検査などに時間をかける為に頂いております。)

※コース料金は掛かります

コース料金

自律神経整体・・・4,950円 (目安時間55分)

頭蓋骨調整、内臓調整、骨盤調整、波動調整をおこない乱れた自律神経のバランスをとっていきます。生理痛などもコチラで対応します。

 

※お電話でご予約の上、ご来院ください。(ホームページを見たとお伝えください。)

※スタッフは男性1名です。

自律神経失調症の整体に関する関連記事